薬や医療に 頼りすぎない生き方をしたいあなたへ

生命力や自然治癒力で 根本的に回復したいあなたへ

ご結婚後,初めて気が付いた,妊娠,出産に対する恐怖心を乗り越えた,Gさんの喜びの声!

埼玉県にお住いの、30歳代女性の、Gさんから、お電話をいただいたのは、
今から、1年ほど前のことになります。


「結婚する前には、まったく気が付かなかった、
妊娠、出産への恐怖心が、今とても強く、湧き上がっている。
子供を望む、主人の気持ちを考えると、とても辛い。」


Gさんの、このようなお話を、お電話越しに伺って、
すぐに、Gさんの抱えていらっしゃる、癒されるべき、バーストラウマを感じ、
中満整体での、クラニオセイクラルの施術が、
Gさんの力になれると、確信しました。


今、Gさんの、妊娠と出産に対する、恐怖心は
約一年間の施術を通して、無くなっているというご感想をいただきました。


これからの自分の人生に、妊娠や出産があっても、
または、無かったとしても大丈夫、そして、
今は、自分軸を感じ、安心感を持っている。


という、執着のない、柔軟な気持ちでいらっしゃいます。


Gさんのご了承の元、いただきましたご感想文をここに、ご紹介いたします。


―Gさんのご感想―

私は、幼少期から身体が弱く、特に病名はないのですが、
常に、不定愁訴の様な症状を抱え、人間関係もあまり上手く行かず、
生き辛さを感じながら、青春時代を過ごしました。


なので、成人する頃には、それを改善しようと
あらゆる治療法、健康療法、心理学、スピリチュアルやセラピー、セミナー等々、
その時、良さそうだなと思った色々なものを、受けたり、学んだりしてきました。


その効果もあってか、体調も大分良くなり、人間関係も落ち着き、
30代に入ってからは、結婚もして、
あとは、子供を出産して行くのかなと、漠然と考えていました。


ところが、いざ子供を作ろうとなると、ものすごい恐怖が出て来たのです。
夫は、子供を欲しがっているので、余計に辛くなりました。


何だかわからないけど、出産が怖くて仕方ない、どうしたら良いのだろうかと考えましたが、
今迄学んだ、心理学やセラピー等では、解決出来ない何かを、感じてしまいました。


そんな時、偶然、中満整体さんのHPを見つけ、バーストラウマを扱っておられる事、
太田先生のクラニオに対する熱意を感じ、その日のうちに申し込みをしました。


いざ施術が始まると、始めの2~3回はリラックス出来たかな…、という程度でしたが、
ゆっくり効果が出ることもあるとの事でしたので、しばらく気長に受けてみようと思い、継続してみると、


2~3ヶ月のスパンでものすごく体調や気分が落ちたり、楽になったりを繰り返しながら、
段々と良くなって行くのを感じました。


不思議なのが、施術中、
誰かに、腕を捕まれたような痛みが、出てきたことがありました。
しかし、その痛みは、おそらく、
帝王切開で無理やり出された時の、身体の記憶だな、と直感し、
今までの人生で感じてきた、
訳のわからなかった怒りや、恐怖の意味が、ようやく理解出来ました。


クラニオを受け始めてから1年少し経ち、今は、一つの山を越えた様な気分です。


出産に対する恐れが消え、産んでも産まなくても、どちらでも良い、
時が来たら授かるだろうし、仮に授からなくても、この先も大丈夫だろうという、
フラットな気持ちになりました。


➡ ❶ 母親と赤ちゃんの出産体験は、赤ちゃんの将来の出産に影響を与える。

   ① 脳脊髄液の流れこそが、誕生時の出来事を、ありのままに記憶している。

   ② 赤ちゃんは、お母さんの出産時の感覚、感情を、自分のものだと思う。

   ③ 医療の介入によるトラウマは、後のちゃんの感覚、感情、そして、人生に影響を及ぼす。


途中、身体の変化や、昔の感情が湧き上がることがあり、辛かったこともありましたが、
先生が、順調だと励まし続けてくれた事や、

自分の経験上、好転反応の後に、体調が良くなる事や、
感情を客観視する方法を知っていたので、何とか乗り切ることができました。


今となっては、自分軸がしっかりしてきて
安心感のような感覚が、芽生えて来ました。


あと、バーストラウマを解消したいと思って受けましたが、
施術中に、第三の目があると言われる眉間がムズムズしたり、
段々と、直感や気付きが鋭くなったりと、副産物の様な効果もありました。
余計なものを削ぎ落として、感覚が磨かれて行ったような気分です。


➡ ➋ ボディー、マインド、スピリットの三位一体で、自分に気が付いていくプロセス

   ① 心理学でもスピリチュアルでも、きちんと学んできた方にとっては、経過が安定

   ② なんとなく、毎回、気持ち良くなるというだけが、クラニオセイクラルではない。


―以上いただいたご感想です―

Gさんのケースから、中満整体がお伝えしたい2つの事

❶ 母親と赤ちゃんの出産体験は、赤ちゃんの将来の出産に影響を与える。

いかにして、産まれたかという体験は、
その子供さん、特に、女児が、その後、出産する時に、
非常に大きな影響をもたらします。


しかし、帝王切開だからこうである、
というような、法則のようなものはありません。
同じ、帝王切開で誕生したケースであっても、
全員が、同じトラウマを負うわけではありません。


中満整体では、施術前にお話を、ある程度伺いますが、
それは、安全な施術を維持するために、
知らなければならない事を伺っているのであり、


あくまで、最優先事項は、クライアントの方の
施術時、または、施術後に体感する事です。


【Gさんのご感想文より抜粋】


不思議なのが、施術中、
誰かに、腕を捕まれたような痛みが、出てきたことがありました。
しかし、その痛みは、おそらく、
帝王切開で無理やり出された時の、身体の記憶だな、と直感し、
今までの人生で感じてきた、
訳のわからなかった怒りや、恐怖の意味が、ようやく理解出来ました。


Gさんは、こちらのご感想文の通り、
帝王切開にて、出産されました。
しかし、どのように、帝王切開がなされたのかという記憶を持っている方は、
一般的に、多くはなく、
また、病院を訪れ、詳細を聞くことができたとしても、
それを知ることが、必ずしも癒しに結びつくとは限らないでしょう。


事実を確認したり、バーストラウマということ自体に、
科学的な根拠があるのかどうかを、追究することは、
その方の、苦しみを解除するための、決定的なサポートにはならず、


最も、大切なことは、


その方の、お身体が、どれだけのトラウマを負ってきたのか?


どれだけ、身体や精神が、トラウマという衝撃を吸収しているのか?


また、それを、どのようにしたら、安全に解除することが出来るのか?


ということなのです。


① 脳脊髄液の流れこそが、誕生時の出来事を、ありのままに記憶している。

そのお身体が、どれだけのトラウマをこれまで、吸収してきたかということは、
脳脊髄液の流れを感じ取ることによって、うかがい知ることができます。


多くの方々にとって、誕生時の出来事は、記憶にないことでありますが、


施術を通して、ご本人の記憶がよみがえり、当時の状況が語られたり、
また、その時の身体的な痛みが、再現されるのは、


嘘偽りのない、これまでの経緯は、
身体の上に、ありのままに刻印されているからであり、
施術を通して、出生時に、刻印されたトラウマが、解放されたからです。


本来、脳脊髄液とは、身体の中枢神経系を、守るかのように、
脳、脊髄を包み込むように位置しています。


赤ちゃんは、誕生前に、お母さんのお腹の中で、
とても心地よく、羊水に浸りながら成長し、いずれ、誕生の時を迎えますが、


医療の介入がある無しにかかわらず、とても大きなイベントである誕生の際、
どのようにして生まれたのかということは、この脳脊髄液に、ありのままに刻印されます。


脳脊髄液健康法において、
トラウマの解放とは、脳脊髄液の正常な流れを、回復するということであり、


その正常化へのプロセスのなかで、
肉体レベル、または、精神レベルの両側面が、一斉に機能を回復するのです。


いかに、その回復のプロセスが進んでいるかどうかということは、
施術者の手の中で感じる事
そして、次のような、施術後のクライアントの言葉
双方から、うかがい知ることができます。


【Gさんのご感想文より抜粋】


クラニオを受け始めてから1年少し経ち、今は、一つの山を越えた様な気分です。


出産に対する恐れが消え、産んでも産まなくても、どちらでも良い、
時が来たら授かるだろうし、仮に授からなくても、この先も大丈夫だろうという、
フラットな気持ちになりました。


③ 赤ちゃんは、お母さんの出産時の感覚、感情を、自分のものだと思う。

トラウマというもの、そのものに対する、大きな誤解は、
トラウマを受けたことを、忘れてしまえば、トラウマにはならないと思われることがある点です。


特に、赤ちゃんは、言葉を話したり、聞いたりするほどの、知能がないがゆえに、
状況を理解できず、トラウマにはならないという考えも、大きな誤解です。


胎児であっても、新生児であっても、私達の想像が及ばない形で、
お母さんのその時の気持ち、ご兄弟との関係性、全ての状況を本能的に察知しています。


しかし、それは、病院や社会の都合を理解し、
大人の解釈をしてくれているという訳ではありません。


例えば、お母さんが、赤ちゃんを妊娠している間に、とても大きなショックを経験すれば、
赤ちゃんも、そのショックを自分の感情として、経験していると言えます。


医療の介入があった場合、
お母さんにとって、出産というものが、喜びではなく、苦しみであった場合、
その苦しみは、お母さんだけのものではなく、
その赤ちゃんにとっては、あたかも、それが自分自身の体験かのように、解釈をします。


そして、赤ちゃんが女児であった場合は、
ご自身が、その後、成長し、妊娠、出産というものに直面した時に、
その時と同じ、苦しみや、恐怖感を抱きやすい傾向があります。


② 医療の介入によるトラウマは、後のちゃんの感覚、感情、そして、人生に影響を及ぼす。

自然分娩だから、何も問題がなく安全であって、
医療の介入があるから、全てトラウマになるというような、
決定的な法則のようなものは、存在しません。


例えば、医療の介入が、母子の生命維持のための必要不可欠だった場合、
当然ながら、命を救うことが最優先であり、
もし、仮に、そのプロセスのなかでトラウマを負ったとしても、
誕生後にトラウマを癒すことは、十分に、可能ですし、
生育期に、好条件が重なることで、自然にトラウマが解消するケースも大いに考えられます。


しかしながら、

潮の満ち引きに導かれ、喜びと共に産まれた赤ちゃんが、
体験していない、不自然な流れを、
医療の介入によって、体験した赤ちゃんは、


喜びではない、多くの感情をその後、引きつけていくことは、
トラウマを扱う、多くのセラピーの共通の認識です。


生後、初めて接触し、赤ちゃんの肌に触れる人間が、
外科手術中である、医療従事者であることは、


産まれたばかりの子供を、愛情深く舐めながら抱きしめる、
野生動物の誕生とは
大幅に異なることは、言うまでもありません。


この外科手術という医療を通して、人間との触れ合う、初めての体験は、


これから出逢う全ての人間の、基盤のような形で、
その後の、人生の原型の様なものになることが、多くあります。


【Gさんのご感想文より抜粋】


私は、幼少期から身体が弱く、特に病名はないのですが、
常に、不定愁訴の様な症状を抱え、人間関係もあまり上手く行かず、
生き辛さを感じながら、青春時代を過ごしました。


母子の命を守るために必要な、医療の介入であったとしても、
例えば、Gさん記憶にあるように、腕を引っ張られたという体験は、
これまでお母さんのお腹の中という安全な環境を考えると
あまりに突然の衝撃であって、


身体は、その外科手術に耐える為に、多くの生命力を使い
結果、ココロとカラダに、直接、恐怖心という種が、
誕生時の真っ新な心に蒔かれてまったと、考える事ができます。


生育期以降に、恐怖心が引き起こされるという、反応のパターンは、
赤ちゃんにとって、あまりに強すぎる誕生時の体験によって、
脳脊髄液に刻印された、トラウマからによるものである可能性があります。


原因不明の恐怖感、不安定感にお悩みの方で、なおかつ、
出生時に大きな医療の介入があった場合は、
バーストラウマが原因である可能性があります。


その際は、心療内科で処方された、お薬を服用するよりも、
脳脊髄液の流れを正常化する方が、根本的な解決に結びつきやすいでしょう。


脳脊髄液の流れに刻印されてしまったトラウマは、
その後、スムーズな流れを取り戻すと同時に、
トラウマそのものが解放され、
遠くから俯瞰してトラウマのシナリオが見えるかのように、
冷静に、客観的に、そして、安全に開放することができるのです。

➋ ボディー、マインド、スピリットの三位一体で、自分に気が付いていくプロセス


バーストラウマを解消するプロセスとは、
自らの誕生時という、頭で考える意味での、記憶のない部分にアプローチをするということです。


しかし、セラピストは、思考や、表面意識である記憶ではなく、
脳脊髄液に刻まれた、歴史にアプローチをすることになりますが、
肉体に刻まれたトラウマは、結果的に、心、精神にも大きな影響力をもっています。


脳脊髄液の流れが、正常化するまでのプロセスの中で、
トラウマを負った時の記憶がよみがえることがあります。


Gさんの、ご感想文にもあります通り、
このプロセスは、痛みや症状を、薬で消してしまう時のように、
無感覚にさせる手法とは、逆のプロセスを辿ることになります。


【Gさんのご感想文より抜粋】


何だかわからないけど、出産が怖くて仕方ない、
どうしたら良いのだろうかと考えましたが、
今迄学んだ、心理学やセラピー等では、
解決出来ない何かを、感じてしまいました。


バーストラウマとは、誕生時に、身体に負ってしまったトラウマを示します。


心理学を学んだセラピストに
話を聞いてもらう、慰めてもらうというだけでは、
身体に負った、トラウマを解除するためには、
あまりに不十分すぎます。


肉体を扱うということは、同時に、心、精神にも触れていることになります。


中満整体の、脳脊髄液健康法では、
ボディー、マインド、スピリットという3つの局面を同時に扱いながら、
全ての局面に、同時に、癒しがもたらされます。


① 心理学でもスピリチュアルでも、きちんと学んできた方にとっては、経過が安定

心にも、身体にも。同時に働きかけることができる施術を通して、
Gさんからは、次のようなご感想をいただきました。


【Gさんのご感想文より抜粋】


途中、身体の変化や、昔の感情が湧き上がることがあり、辛かったこともありましたが、
先生が、順調だと励まし続けてくれた事や、
自分の経験上、好転反応の後に、体調が良くなる事や、
感情を客観視する方法を知っていたので、何とか乗り切ることができました。


2~3ヶ月のスパンでものすごく体調や気分が落ちたり、楽になったりを繰り返しながら、
段々と良くなって行くのを感じました。


心と身体の双方に起こる、好転反応をご経験され、
そして、それらを、どのように乗り越えてこられたのかを、うかがい知ることができます。


Gさんがおっしゃるように、
Gさんは、感情を客観視する方法をご存じでした。


すぐに、これまでのご経験の中から、培ったものであると、理解することができました。


心理学であっても、また、スピリチュアルなセラピーであっても
また、当方で行っている、脳脊髄液健康法であっても、


セラピーの本質は、たったひとつのことである。と私は、考えます。


肉体的、精神的な苦痛や、病とは、
自分以外の、外側から、身に降りかかったものだから、
外側を変えようと、外側をコントロールする事ではなく、


むしろ、


自分の内側を見つめることで、
何が、それらを引き起こしたのかを、より客観的に、自分の内なる世界を捉え、


まずは、自分の内なる世界を知り、気が付くという事である、と中満整体は考えます。


そのセラピーの本質への、理解があってこそ、
次に、身体と心がどのように、自然治癒力の元に、
回復していくのか?という段階に入っていくと、捉えることができます。


心理学でも、スピリチュアルでも、または、クラニオセイクラルのような
ボディーワークであっても、
この基本的な姿勢を、体得していらっしゃる方は、
プロセスの進み方も安定していらっしゃいますし、
もちろん、Gさんも、そのお一人です。


② なんとなく、毎回、気持ち良くなるというだけが、クラニオセイクラルではない。

クラニオセイクラルというセラピーは、
脳脊髄液の流れを促すと同時に、
これまで負ってきた、ご自身のトラウマが一つ一つ解放されていきます。


トラウマを扱うがゆえに、その過程において、
トラウマを負ってしまった時の記憶が、よみがえる事もあると言えます。


病の背後にあった、トラウマに光が当たって、解放されていくとき、
自分の内なる世界が、変化しながら、癒しが起こります。


その全てのプロセスは、ただ単に、気持ち良いことばかりではありません。


あなたは、次のことを聞いて、どのように感じられますか?


あらゆる、病や、苦しみの根源が、
どこか、外側にあるのではなく、内側にある。


バーストラウマに関して言えば、子供は、受動的に産まれますし、
子供は、大人より弱い立場であるがゆえに、
実際、被害者になりやすいです。


しかし、


自分の内側に、痛みや病を解く、鍵がある。
と理解するからこそ、


自らが、自らの大きな生命力の舵を、握ることができ、


そして、自分の命の、主導権を持つ立場に立てるのです。


一般的には、多くの方々が、病院で行われる、対症療法といって、
肉体に現れた症状を、お薬で消すことになれています。


その過程は、すべて、肉体という物質を、薬という物質で制御し続けていく中で、
自分自身の内なる世界であるマインド、スピリットと、
ボディーである肉体が、容易く、バラバラになっていくのも無理はありません。


薬を飲んでも、治らなかった。
鍼灸、指圧、あんま、マッサージでも治らなかった。
そういう方々が、中満整体にお見えになります。


しかし、当方にお見えになる、ほとんどの方々が、
最終的に、ボディー、マインド、スピリットは、ひとつにつながっているということを
施術を通して、ご理解いただけます。


そして、その時こそが、自らの生命力の舵を握り
主導権を取り戻し、そして、自由と健康を得ることができる時なのです。

最後に、

Gさんのケースをご紹介させていただきましたが、Gさんの回復のプロセスが、必ずすべての人に当てはまるという訳ではありません。
同じ顔をした人がひとりもいないように、回復のプロセスは、おひとりおひとり違っています。


そして、私は、整体師として、ある程度の臨床経験を持っており、クライアントさまの安全をお守りする責任を全うするため、これまでの臨床経験から治療計画を立てることがあります。
しかし、最終的に言えるのは、この世に二人と同じ人はおらず、私の臨床経験など、万人に当てはめることはできないということなのです。


生命力とは、私の想像をはるかに超えています。
ですので、自動車の修理のように、回復までの日数や、施術回数などのお見積もりをたてることができません。


しかし、このクラニオセイクラル・バイオダイナミクスのワークこそが、生命力を最大限に活かし、より生命力が駆動しやすいようサポートができる最も信頼できる技術であると私は確信しています。


24時間無料メール相談も承っております。
ご自身の健康について、お気になることがあれば、まずは、こちらから、お気軽にお問い合せ下さい。

中満整体へのメール相談24時間無料
こちらの画像をクリックしてください。お問い合せフォーム画面が起動します。


◀新しい投稿 前の投稿▶ ページ内のトップへ戻る▲

東横線白楽駅から徒歩6分の中満整体に、お越しになりやすいエリア

[神奈川県横浜市]  東急東横線、みなとみらい線、横浜市営地下鉄、ブルーライン、グリーンライン、根岸線、相鉄線、京急線、京浜急行線、京浜東北線、横浜線、鶴見線

[川崎市、藤沢市、横須賀市]  東海道線、横須賀線、南武線、京王線、東急田園都市線、小田急線

[東京都 世田谷区、目黒区、品川区、大田区、新宿区、港区]  東急池上線、東急多摩川線、東急目黒線、東急大井町線、京王井の頭線、副都心線、東京メトロ、都営地下鉄  [埼玉県]  西武池袋線、東武東上線、湘南新宿ライン、埼京線、西武有楽町線